目の美容整形

レーシックを受けられる人と受けられない人の違いは?

レーシック手術を受ける前には、http://www2.packages.jp/にも書いてあるように、必ず適性検査を受ける必要があるのですが、その時点でレーシック手術を受けることができるか、できないかが判断されます。
レーシック手術は、誰もが受けることができるとは限らないのです。
では、どういった場合にこの適性検査に引っかかってしまうのでしょうか。

まず、適性検査では目の視力の他、角膜の厚さなど色々な項目の検査を行うのですが、この中でも角膜の厚さというのはレーシック手術を行う上でとても重要です。
というのも、手術ではレーザーで角膜を薄く削るという治療を行うため、元々角膜の薄い人は必要以上に角膜を削ってしまう可能性があるため、十分な厚みが必要なのです。
レーシックの再手術をするという方もいるのですが、このときも再手術が可能であるほど角膜の厚さが残っていることが重要です。

そのため、最初の手術は可能であっても、再手術ができるかどうかということは、人によって異なるのです。
また、近視があまりにも強いという場合や、白内障などの眼病、ドライアイの方も難しい場合があるようです。
薬や麻酔を使うということもあるため、妊娠中、授乳中の方も控えた方が良いとされています。
また、レーシックの気になる安全性について詳しくはhttp://www.order-cigarettes-online.com/をご覧ください。

その他にも、目の手術ということで恐怖を強く感じるという方、精神的に不安定であるという方も控えた方が良いと言われています。
年齢にも制限があり、18歳もしくは20歳未満は基本的に手術が受けらません。
また、45歳以上になると老眼が始まるために、レーシック手術を受けることで逆に見えづらくなってしまう可能性があるため、オススメできないとされています。
検査結果を元に、医師とよく相談をした上で、手術の方法を選ぶということもできます。
事前検査やカウンセリングを丁寧に行ってくれるような病院で治療を行うようにすると安心ですね。
また、アメリカでは年間100万件以上の手術が行われているそうです。そんなレーシックの有効性について書かれたこちらhttp://www.pythonthreads.com/も参考に是非ご覧ください。

このページの先頭へ