目の美容整形

手術時や手術後は、痛みを感じる?

レーシック手術を検討されている方の中で、最も多い質問の1つに「手術中や手術後の目の痛み」に関するものがあります。
目の手術なんて言葉を聞いただけでも、怖くなってしまう方もいるでしょう。
しかもレーシックは、レーザーを角膜に当て、角膜を薄く削るという方法をとります。

想像するだけでちょっと怖くなってしまいますよね。
しかし、レーシックの手術を実際に受けた方に聞いてみると、「手術中、全く痛みはなかった」という方がほとんどです。
これは、手術前に点眼タイプの麻酔をしっかりと目にさすためです。

ただ、痛みではありませんが、手術中に機械によって眼球を圧迫することがあるため、眼球が押されているという感覚はあります。
痛くはありません。
この圧迫感が少し怖いという方はいますが、いずれの方も痛みは感じなかったと言います。

それでも恐怖を感じるという方は、治療前のカウンセリングで納得のいくまで医師に相談をすると良いでしょう。
手術後、麻酔が切れた状態になっても強い痛みはほとんどありません。
その代わり、玉ねぎを切っているときのような、目がしみるといった感覚はあります。

いずれにせよ、我慢ができないようなものではありませんので安心してもらって大丈夫です。
人によりますが、数時間から1日ほどで、この痛みや違和感は消えていきます。
手術の翌日に健診が設けられていますから、痛みや違和感に不安があるのであれば、この時点ですぐに相談することができるので安心です。
レーシック手術の痛みに関する不安を持っている方はとても多いようです。
その不安を取り除くために、カウンセリングをしっかりと行ってくれるところや、万が一のときにしっかりとアフターケアをしてくれるような信頼できる医師や病院を見つけると安心ですね。
また、女性必見まつげエクステ完了後でもレーシックは受けられるのでしょうか。詳しくはhttp://www.gomusiclyrics.com/をご覧ください。

このページの先頭へ