目の美容整形

レーシック手術を受けると、どの程度視力が回復するの?

レーシック手術を受け、自分の視力はどれくらい回復するのかということは、手術を受ける上で最も気になるところなのではないでしょうか。
どれくらい回復するのかということは、個人によって異なります。
これは、手術を受ける前の適性検査の段階で、おおよその視力を知ることができるようになっています。

目安としては、自分がコンタクトレンズやメガネを使って矯正できる範囲の視力まで回復できると言われています。
つまり、コンタクトレンズで1.5の視力であるという方は、それくらいまで裸眼で見ることができるところまで回復する可能性がありますし、1.0の視力であるという方は、それくらいまでしか回復できないと言われています。
また、レーシック手術前の裸眼の視力が悪ければ悪いほど、回復しづらいかというと、一概にそういうわけではありません。

レーシック手術では、http://icompile.info/にも書いてあるように、角膜を削って厚さを調整することで視力の回復をさせます。
裸眼で0.1以下の視力であったとしても、角膜の厚みがあれば、1.5まで回復できる可能性もあります。
反対に、裸眼で0.5くらいであっても、角膜の厚みが少なければあまり回復が望めないこともあります。
自分がどれくらい回復できるのかということは、前述したように適性検査の段階でおおよそを知ることができますから、気になるという方は一度無料の適性検査を受けてみると良いでしょう。
レーシックに関する誤解は何かしら皆さんあると思います。http://www.hollisterabercrombie.com/の記事を読んでレーシックの間違った知識を見直してみましょう。

このページの先頭へ