目の美容整形

老眼を改善するのにレーシック手術は効果的なの?

老眼というのは、その名の通り老いが原因で、誰しもがいつかはその症状に悩まされることになります。
目の中にある毛様体の筋力の衰えが原因の元であり、そのために水晶体の調節が上手くできなくなってきてしまうために、老眼鏡などを使って矯正してあげる必要が出てくるのです。
近視の矯正が主であると言われているレーシックですが、この老眼をも治療することができると言われています。

近視矯正とは違った種類のレーシック手術なのですが、近視のレーシックと同様に手術時間は短時間で、日帰りで大丈夫です。
各病院によって、老眼レーシックの方法は異なるため、色々な病院を比較検討し、自分に合った方法を見つけることが重要になります。
多くの病院で、無料の適性検査やカウンセリング、説明会が行われているので、実際に足を運んでみるのが良いでしょう。

ちなみに現代人は、パソコンやケータイ、ゲームなどで普段から目を酷使し続けているため、早く老眼になりやすいという方が増えているようです。
老眼は、だいたい40歳過ぎから症状が出始めるのですが、それより前の若い年齢の方でも老眼の症状が出ているという方も少なくないようです。
手術で改善できる時代になったとはいえ、手術を受けなくても済むように少しでも老眼の進行を遅らせることができるよう、目に負担をかけすぎないようにしたり、目に良いという食べ物を積極的に摂ったり、ストレスを溜めないようにするということが最も大切です。
気になるレーシックのデメリットについての記事も参考にご覧ください。

このページの先頭へ