目の美容整形

手術後の検診やメンテナンスは?

レーシック手術は、http://www.cpu-collector.com/にも書いてあるように、両目20分程度で終わる簡単なものなのですが、手術後には自分で色々注意しなければいけないことがあります。
これが守られないと、せっかく近視が治ったのにまた視力が戻ってしまうことがありますし、場合によっては感染症や合併症になってしまう可能性もあるので、気を付けなくてはなりません。
では、一体どのようなことに気を付ける必要があるのでしょうか。

まず、手術後に病院から保護用のサングラスやゴーグルを渡されます。
病院によっては、就寝時につけるアイマスクを渡されることもあるのですが、これらは病院の指示通りに着用しなければなりません。
手術後というのは目が非常に不安定な状態になっています。

そのため、外部からの刺激から目を守る必要があります。
保護用サングラスやゴーグルは、こういった外部からの刺激から目を守ったり、ゴミなどが入ったりするのを防ぐ効果があるのです。
ですから、面倒がらずに病院の指示通りに着用するようにしましょう。
また、レーシックでよくあるトラブルについて詳しくはhttp://xn--kpuo06fw1aj2o.net/trouble.html

また、手術当日は目に水が入るのを避けるために洗顔や洗髪をしてはいけませんし、アイメイクも一週間ほどは避けるようにとされています。
手術の後は、病院にもよりますが翌日、3日後、1週間後、1か月後、3か月後、6か月後に健診を受けることになっています。
問題がなければ、1か月健診で終了するところもあります。
目の状態をしっかりと医師が確認をするための場ですので、自己判断で健診に通うのを止めないようにしましょう。
また、健診の日でなくても何らかの異常や不安を感じたら、医師にすぐに相談をするようにしましょう。
こちらのコンタクトレンズとレーシックの比較した記事http://www.axflip.com/も大変興味深いです。

このページの先頭へ