目の美容整形

レーシック手術の目的とは一体何?

レーシック手術はhttp://www.riponwebdesign.com/にも書いてあるように強度の近視であっても、メガネやコンタクトレンズが不要になるくらいまで視力を回復させることができます。
基本的には一度手術をすれば、それ以後多少視力が下がることはあっても、元のような強度の近視になることは無いと言われています。
そんなレーシックの手術ですが、いくら麻酔のため痛みがないとはいえ、目の手術ということで躊躇する方も多いのではないかと思います。

それでも手術を決意した方々は、どんな目的を持って手術に臨んだのでしょうか。
レーシック手術を受けたことで良かったと思われることのひとつに、メガネやコンタクトレンズが不要となったということがあります。
病院にもよりますが、レーシック手術には両目で20万円前後という費用がかかります。

それでもコンタクトレンズの購入費やメガネの作り直し費用などを考えると、案外手術を受けた方が長い目で見たときにリーズナブルであるということが多いです。
また、旅行や出張のときなどに、コンタクトレンズ紛失や破損の心配をしなくても良いということ。
災害時にメガネやコンタクトレンズが無くて不便になるという心配が無くなるということ。

人にもよりますが、近視であることによって不便だと感じていたことを解消したいというのが、レーシック手術を受けた方の目的であったのではないかと思います。
コンタクト生活から無事脱出できた方の体験談http://www.salmonfestival.net/も参考に是非ご覧ください。
メリットが多いレーシック手術ですが、もちろんデメリットもありますし、中には目の状態によっては手術を受けられない場合もあります。
なので、レーシックを検討するときは自分が本当に納得した上で受けられることをオススメします。
また、レーシック手術の正しい知識について詳しくはhttp://www.software2have.com/

このページの先頭へ