目の美容整形

まつげパーマをしている場合、治療できる?

最近は、女性の目元のオシャレが多様化してきています。
まぶたを二重にするプチ整形も、今では気軽なものになってきました。
近年特に人気のある目元のオシャレとしては、まつげパーマやまつげエクステがあります。

毎日アイメイクをしっかりしている方にとっては、何もしなくても自然で綺麗なまつげのカールが手に入ったり、短くて悩んでいたまつげが長くなったりと、嬉しいものですね。
こうしたまつげパーマやまつげエクステをしている場合、視力回復のレーシック手術を受けることは可能なのでしょうか?
レーシック手術は、目の角膜を削る治療なので、まぶたやまつげとは関係がありません。

そのため、まつげパーマをしていても、まつげエクステをしていても、問題なくレーシック手術を受けることができるのです。
ただ、レーシック手術前というのは、目元を清潔に保つ必要があるため、アイメイクをはじめとしたメイクが禁止されます。
そのため、まつげパーマ、まつげエクステをしたばかりの状態では、まだ目元周辺の皮膚が不安定な状態になっている可能性がありますから、パーマやエクステをしてから少なくとも1週間以上は間を空けてからレーシックを受けた方が良いでしょう。

また、レーシックを受けた後は、視力や目元がの状態が安定するまで1~3か月かかります。
目元に負担をかけるまつげパーマやまつげエクステをして、万が一角膜に刺激が加わってしまうと、何かと危険がありますから、レーシック後は少なくとも3か月以上空けてからまつげパーマやエクステを行うようにしましょう。
ただし、病院によって対応が違う場合もありますから、事前にまつげパーマやまつげエクステについて相談しておくと安心ですね。
もっとレーシック手術のリスクについて知りたい方は、http://www.zarzarland.net/syu.htmlをご覧ください。

このページの先頭へ