目の美容整形

回復した視力の効果はずっとそのまま?

レーシック手術を受けると、個人にもよりますが裸眼で日常生活が送れるくらいの視力まで回復するとされています。
回復した視力は、その後元に戻ってしまうことはあるのでしょうか?
実は、レーシック手術後、視力が元の状態に戻ってしまうということはあり得ることなのです。

どういった原因で元に戻ってしまうのでしょうか。
まず、レーシックの手術の失敗という原因がひとつあります。
レーシック手術というのは、厚くなってしまったまま戻らない角膜を削ることで、近視の状態を治療するものです。

この削った角膜が、手術後に自然治癒力で再生してしまうことがあるのです。
そうすることによって、また近視に戻ってしまうのです。
この場合、再手術を受ける必要があるのですが、角膜の厚みが十分残っていない場合は、再手術を受けることができないという場合があります。
また、レーシック手術に向く人向かない人について詳しくは、http://www.historicalpreservation.org/に書いてあります。

手術前の適性検査の段階で、角膜の厚みをチェックするため、再手術が可能であるかどうかということもある程度わかるため、そういったことも踏まえて医師に相談しておくと安心ですね。
また、視力がまだ完全に安定しきっていない20代中ごろまでに手術を受けた場合も、手術後にまた視力が下がってしまうという可能性があります。
そうした場合も、再手術の必要が出てきます。

もうひとつの視力低下の原因としては、手術後の生活習慣によるものがあります。
いくら視力が回復しても、目を酷使するような生活を続けていると、また視力が低下してきてしまう可能性もあります。
せっかく高い費用をかけて視力を回復させたのですから、その後の生活も気を付けて視力を維持できるように努めていきましょう。
また、レーシック手術で何故回復するのかというこちらの記事も大変興味深いです。

このページの先頭へ