目の美容整形

レーシックを受けるときに気を付けることとは?

レーシックの手術を受けるとき、そして受けた後には色々と気を付けなくてはならないことがあります。
事前にそのことをよく理解し、把握しておくことがとても大切です。
では、具体的にはどういったことに気を付ける必要があるのでしょうか。

まず、レーシック手術を受ける前というのは、色々と制限がかかります。
たとえば、コンタクトレンズを普段使用しているという方は、コンタクトレンズを外して角膜の厚さを安定させる必要があります。
ソフトコンタクトレンズで1~2週間、ハードコンタクトレンズで3~4週間ほど外しておく必要があるため、その間メガネなどを利用することになります。

また、特に女性の方は注意が必要なのですが、目の周りを清潔に保つためにアイメイクを中心としたメイクを、手術の数日前から手術後までしてはいけないことになっています。
普段、お仕事でメイクが必須であるという方や、激しいスポーツをするためにコンタクトレンズでないと難しいという方は、そういった日程調整が必要となります。
また、手術後というのは、光がまぶしくみえてしまったり、視力がまだ安定していない状態だったりするので、車など乗り物の運転は控えた方が良いとされています。

乗り物を運転することが仕事であるという方は、手術の日程と仕事の日程とを調整する必要があります。
通常の仕事であれば、手術の2日後くらいから問題なく行えると言われていますが、仕事の業種にもよるため、事前に医師に確認しておくことが大切です。
スポーツに関しても、軽いジョギングくらいであれば1週間後から行うことができますが、水泳などの目に衝撃があるようなスポーツの場合は1か月ほど期間を空ける必要があります。
レーシックの手術自体は日帰りですぐに終わるようなものなのですが、その前後に自分で気を付ける必要があることが多いのがレーシック手術の特徴です。
病院の中には、年中無休で営業しているところもありますから、自分の仕事の休みやスケジュールと照らし合わせて、手術の予定を組むと良いでしょう。

このページの先頭へ