目の美容整形

レーシックを受ける前に健康被害や後遺症についても知っておく

レーシック手術は、芸能人、スポーツ選手などの著名人をはじめ、多くの方が受けているポピュラーな存在となってきました。
年々、安全性や確実性もどんどんアップしてきてはいるものの、レーシック手術を受けたことによって後遺症や健康被害に悩まされるようになったという方は、ゼロではありません。
では、どういった後遺症、健康被害に悩む可能性があるのでしょうか。

まず、最も多くみられる後遺症として、ドライアイというものがあります。
その名の通り、涙の量が調整できずに目が乾燥してしまう症状です。
レーシックの直後は誰もがこのような症状が一時的に出るのですが、中には一生症状が残ってしまうこともあるのです。

もうひとつ多い後遺症が、ハロ・グレア現象という夜に車のライトなどの光がまぶしく感じる現象です。
この症状が起こった場合、改善することは難しいのですが、多くの場合、慣れてきてそれほど気になることはないという方がほとんどであるようです。
しかし中には、過敏となって気になるという方もいるようなので、夜間に車の運転をすることが多いという方は、手術前に事前に医師に相談してみると良いかもしれませんね。

レーシックによる健康被害については、よくニュースなどでも取り上げられているので、耳にしたことがあるという方もいるかもしれません。
角膜を削りすぎたことによって、遠視になってしまったり、日常生活を送ることが困難になるほど光をまぶしく感じるようになったりすることが多いようです。
他にも、乱視や重度のドライアイ、目の痛みなどもあるようです。
ひどい場合、日常生活が送れなくなるほどの健康被害が出ることもあり、問題になっています。

こうした後遺症や健康被害のリスクを少しでも遠ざけるには、やはり事前の適性検査やカウンセリング、アフターケアをきちんと行ってくれるような信頼できる病院を選ぶことが最も大切となります。
レーシック手術は自由診療であるため、病院によって価格設定も大きく異なります。
そのため、値段の安さだけで病院を選ぶという方もいるようです。
値段が高いからといって信頼できるとは限りませんが、やはり値段にこだわりすぎず、実際に自分が納得できるような対応をしてもらえるような病院を選ぶことが大切ですね。

このページの先頭へ