目の美容整形

レーシック後、カラコンの装着は可能?

レーシック手術を受けると、これまでコンタクトレンズやメガネを使っていた人も、そういった矯正器具から解放され、裸眼で生活することができるようになります。
矯正器具のわずらわしさから解放されるということで、まさに世界が変わったと思われる方も多いようです。
レーシック体験談の記事http://nudeplus.jp/も参考にしてご覧ください。
特に女性はレーシックをきっかけにオシャレを始めるようになったという方も多いようで、レーシックが与える精神的な影響は思いのほか大きいのだということがわかりますね。

ところで、女性のオシャレのひとつとして、目力をアップさせるアイテムであるカラコンが流行していますが、レーシック手術後というのはカラコンを装着することは可能なのでしょうか?
結論から言うと、レーシック手術後にカラコンを装着することは可能です。
度の入っていないカラコンも多く販売されていますから、そういったものを購入して使用すれば良いでしょう。

ただし、手術直後はまだ角膜が安定していないため、しばらくは装着しないほうが良いでしょう。
いつごろから装着しても大丈夫なのか、検診時に医師に相談してみると良いでしょう。
また、現在カラコンは医薬品として認められているために規制が非常に厳しくなっています。

そのため、販売されているカラコンはどれも安全なものばかりですので比較的安心して使用できるようにはなっていますが、毎日の消毒などのメンテナンスはしっかりと行う必要があります。
これを怠ってしまうと、目のトラブルが起きてレーシック手術を無駄にしてしまいかねません。
カラコンでのオシャレをするのであれば、目やカラコンのケアを大切にしましょう。
また、同じようにまつげエクステも可能なのでしょうか。詳しくはhttp://www.omgitsfree.com/

このページの先頭へ