目の美容整形

レーシック手術にかかる時間は?

レーシックの手術は、両目で20分程度という非常に短い時間で済むものになっています。
そのため、手術後は少し休めばすぐに帰ることのできる、日帰り手術となっています。
基本的な手術の流れとしては、まず手術当日に医師によって目や身体の調子を検査する術前検査を行います。

その後、手術用の着替えを行い、抗生剤や麻酔の点眼をします。
手術用の台に乗り、顔や目を固定し、手術がスタートします。
まず角膜を削ってフタのような形にし、そこを開いてエキシマレーザーを照射し、角膜の厚さを調整します。

その後、またフタになっている角膜を戻して終了です。
開いた角膜は、自然とくっつくようになっています。
これを両目行うのですが、手術開始から終了までおおよそ20分程度であると言われています。

手術終了後は、そのまま病院内で20~30分ほど休み、問題がなければそのまま帰宅することになります。
手術後は、病院によっても若干異なりますが、翌日、3日後、一週間後、1か月後という単位で健診をし、目の状態や視力の具合を確認します。
手術自体は、時間も短いので楽なように思われますが、手術を受ける前にコンタクトレンズを数週間前から外さなければならなかったり、メイクをしてはならなかったり、前髪が目にかからないようにしなかったりと、準備も多いです。
そのため、特に仕事をされている方は、手術を受けたい日時の前後のスケジュールをよく確認しておくことが大切です。
また気になる海外でのレーシックについてはhttp://xn--pckp0b6k2c.la/28.htmlをご覧ください。

このページの先頭へ