目の美容整形

どんな人がレーシック手術を受けるの?

レーシック手術を受けることのできるクリニックに足を運ぶと、実に様々な年代の方がレーシック手術を受けるため、または適性検査を受けるために訪れています。
レーシック手術を受ける人の多くは近視で悩んでおり、普段からメガネやコンタクトレンズのお世話になっている方が大半です。
メガネなどの矯正器具が無いと、日常生活を送ることが困難で、そんな煩わしさから解放されたいという思いが強いのでしょう。
レーシックのメリット・デメリットについて詳しくはhttp://xn--pckp0b6k2c9843c8q8a.name/に書いてあります。

レーシック手術は、誰もが受けることができるとは限りません。
年齢や目の状態、精神状態や健康状態など、様々なことを考慮した上で、手術が可能であるかどうかが判断されるのです。
20歳未満の未成年は、基本的に手術を受けることができません。

その理由のひとつとして、年齢が若い場合、まだ視力が変わっていく可能性があるということがあります。
視力の成長は20代半ばくらいまで続くことがあり、20歳を過ぎていても若い段階で手術を受けると、その後視力がまた下がってしまう可能性もあるそうです。
なので、視力が安定する20代後半くらいから受けるのが本当は好ましいそうです。

また、目の角膜が薄い人も手術を受けることができません。
レーシックは、目の角膜を削るという方法をとるため、削ることができる分の角膜の厚みがあるかどうかということが非常に重要なのです。
これは適性検査で調べることができます。

角膜の厚みがあれば、2度目のレーシック手術も可能であると言われています。
1度目の手術で、思うような結果が出なかった方が、2度目の手術を受けるということもあるそうです。
ドライアイや白内障など、目の病気や疾患がある人、過去に患ったことがある人も受けることができない場合があります。
いずれにせよ、レーシック手術に興味がある場合、各クリニックで行っている無料の適性検査やカウンセリングに参加してみると良いでしょう。
また、レーシックの基本知識はしっかり頭に入れておきましょう。http://xn--pckp0b6k2c9843c8q8a.tv/のサイトは必見です。

このページの先頭へ